家相の間取り計画について 田部建築研究室_ 一級建築士事務所 家相による住宅、共同住宅、商業ビル、複合ビル、店舗、伝統工法などの間取り設計

実践としての 家相の間取り計画について 



一瞬おいて スライドショウがはじまります。

実践としての 家相の間取り計画について

家相を良くしながら理想の間取りの家の実現を!


家相を取り入れて設計しても、プランがまとまらなかったり、ぎこちない間取りになってしまうことはありません。

○家相を重んじて、家を建てようとされる方はたくさんおられます。
プロのスポーツ選手、経営者、その他第一線で自らの身体を張って仕事をされている方に多いと思います。一般の方でも、感受性の強い方にも多いように感じます。自分一人だけでは乗り越えられない、自然の摂理に触れる機会が多いからかもしれません。

○でも、現実にはたずさわる家相鑑定者や設計者が、うまくプランをまとめることができないために、逆に中傷されたり、周りから反対され、家相の設計プランを妥協又は断念される方が多いようです。

○施主の立場で家相にこだわっている方には、そこまで重要視する理由があるのだと思います。おそらく解りやすく表現して理解を得ることはなかなか難しいのだと思います。

○今まで、家相の設計を通じて様々な方にお会いしてきました。
真剣に家相にこだわる施主にとっては、想像しているよりも、世の中は思ったより偏見があり、ハードルも高く、孤独な現実であるように感じております。
私は学校を卒業してから今日に至るまで、設計事務所の設計者の立場より、家相とお付き合いしてきました。
振り返って周りを見てみると、数少ない家相を取り入れている設計者なのではと思います。
(様々な宗派がありますが、私の場合、千勝神社の家相に沿って設計します)

○真剣に家相を重んじて苦労されている方に対して、多少でもお役にたてればと思いこのページを立ち上げました。
○もちろん、住宅だけでなく、ご希望があれば、店舗、マンション、商業ビル、複合ビルにも家相を設計に取り入れることも可能です。また、旧家の増改築・改装も(個人的には大変興味深いです)手がけてきました。

他のページの、家相に関連するコメントや、建物写真等このページにまとめてみました。

家相の間取り計画についての コラム ・ Q&A 

住宅・伝統工法

コラム 01   家相について LinkIcon

倉庫

コラム 06   家相の設計について LinkIcon

倉庫

・Q&A      家相について Q&A LinkIcon

倉庫

    ご相談から建物完成までの流れ LinkIcon



家相の間取りの建物

家相の住宅

住宅・伝統工法
LinkIcon駒込の家LinkIcon十余二の家LinkIcon小岩の家LinkIcon流山の家

一般の住宅はもちろん、日本古来の伝統工法 / 外国の伝統工法に則ったもの / 週末住宅 など色々な作品があります。千勝神社と御縁を頂いてからは、個人の注文住宅は、『家相』を取り入れて設計しております。


○このページには数件しか載せておりませんが、家相の設計に関わらせていただいた建物は、協力工務店を含めると実際に建っているだけでも、過去12年で150件以上あると思います。

家相設計住宅の街並み

家相設計 戸建て分譲住宅 14区画の街並みへの取り組み

家相の住宅 イメージ3点

家相の設計を大切にする、柏の老舗助川工務店企画の分譲計画に伴い
モダン・和風・洋風のイメージを持つシリーズを提案させていただきました。
それぞれ立面イメージは違いますが、どのタイプを客様が選ぼうと共通のテーマを持たせ、一帯の街並みになるように心がけました。

住宅・伝統工法住宅・伝統工法住宅・伝統工法
モダン          和風            洋風





柏の助川工務店、柏の葉分譲住宅の基本企画及びモデルハウスのパースです。
助川工務店さんの先先代社長は宮大工として勲六等端宝章受賞までいただいた名工です。
家相の設計を大切にされている、地元では老舗の工務店です。

14区画の売り建ての分譲プロジェクトです。
上記のとおり、助川工務店様のイメージは、和風の伝統工法ですが、全てのお客様が和風の家を望まれるとは考えられないので、モデルルームとして、和風、洋風、モダンの3パターンを考えました。ただし、どのパターンも、デザイン的には和風のイメージを残しました。

今回分譲するにあたり以下の課題がありました。
1) 家相を大切にした、地元の工務店として地域のリーダー的な内容のある建物を造る。
2) 町並みを考慮する。
各建物の仕様はもちろんのこと、他の分譲地にない、オリジナル性のある町並みを創る。

街並みの統一感が出るよう次のようなデザインを試みました。
各戸とも家相を設計に取り入れるのは約束事です。
そのうえで各戸建てに一定の共通項を持たすため
1) 各建物の一部仕上げ材について、瓦(陶器)をイメージさせるタイルを使う。
2) 漆喰、または漆喰をイメージさせる外壁材を使う。
デザインが異なっても、全ての建物に同一の瓦質、漆喰をイメージさせる材料を使い、街並みの統一を図る。
和風・伝統・落着きを持たせるため、瓦質タイル・漆喰の仕上げ材の表情にこだわりました。
3) 外構の統一イメージデザイン
4) 開口部サッシの同一の形を揃える。
5) 階高、屋根勾配を揃える
6) 屋根・外壁材を揃える。
等による設計の統一性を目指しました。

家相の住宅 分譲地第一弾

柏市柏の葉  助川工務店分譲地 家相の間取りを計画に取り入れた分譲地第一弾です。

柏市柏の葉高田の森 助川工務店分譲地 家相を設計に取り入れた分譲地です。
全体の街並みのイメージ計画から設計まで仕事をさせていただきました。他の分譲地以上に、質のある街並みとなり同業者も見学に来ることが多いようです。
家相を設計に組み込んでも問題なく、普通に建物が建ち街並みを形成できる実例です。

住宅・伝統工法

LinkIcon高田の森分譲住宅

家相の住宅 分譲地第二弾

柏市野鳥の森  助川工務店分譲地 家相の間取りを計画に取り入れた分譲地第二弾です。

住宅・伝統工法

LinkIcon野鳥の森

○ マンション・商業ビル・個人の複合ビルでも家相をよくすることは十分可能です。
○この種の建物は収支・法規制が大きく事業の成否に左右します。
  基本的には家相に対する施主の理解が必要です。

大宮の集合住宅(家相の設計有)

集合住宅集合住宅

○公団の融資を受けた賃貸集合住宅ですが、全体配置と施主の住居については家相を取り入れました。
○公団・収支・法規制等さまざまの規制がありすべての賃貸住宅にまで家相をよくすることは難しいのですが可能な範囲で努力はしました。

一級建築士設計事務所 田部建築研究室

家相の本

001.jpg

LinkIconHOME・ にもどる