建物完成までの流れ 田部建築研究室 一級建築士事務所 家相による住宅、ご相談から建物完成までの流れ

建物完成までの流れ

新築・改装の、ご相談から建物の完成までの主な流れをまとめました。

STEP 01   問合せ・ご相談

顔合わせ

22.6.14 001.JPG

○お気軽に電話・FAX・メール等で連絡ください。
・電話でも、メールでもお問い合わせにお答えいたします。その時、ゆっくりお話が聞けない場合は、後程お客様の都合の良い時間に連絡させていただきます。概要をお聞かせください。

・一度会ってお話ししてみようと思われましたら、日時を決めていただければ、お話をうかがいに参ります。
・私自身がお客様のご要望、現況等を把握して、きちんとお答えするために、現地を拝見させていただき、お客様より直接お話をうかがわせていただいております。

具体的なお話を伺って、概要をつかむことができれば、予想もつくと思いますので、今後についての具体的なご相談にもお答えできると思います。
(また、気が合いそうにないとお感じになれば、その場で遠慮なくお断りいただいて結構です。建物を設計させていただく場合、長いお付き合いとなりますので、本音をぶつけていただかないと長続きもしませんし、良い建物はできないと思います。)

ご相談をお聞きして答える場合も、また設計をする場合でも
①お客様と直に会って直接お話しをうかがうこと、
②計画の現地を実際に見せていただくこと、
・言葉や写真だけでなく五感で感じること、肌で感じること、
 お互いの感性を感じることが基本であり重要であると考えています。

すぐお会いできなかったり、現地が遠方の場合もありますので、臨機応変に対応させていただきます。ご遠慮なく気軽にご相談ください。

STEP 02   ご依頼内容の確認

家相を含めたご要望のヒアリング

MAM05.JPG

・建物の種類・規模・予算・建物のイメージ
・家族構成・ご家族の生年月日・その他ご要望(必要な部屋・各室の面積等)のヒアリングシートをご用意しております。
・敷地条件・形状・道路付け・隣地についてのヒアリング
      → ・敷地建物現況及び法規制調査.
・ご相談から建物完成までの全体の流れ・設計業務内容・前記に伴う設計料その他の説明
・初期間取り打合せの流れ・初期設計料金等の説明
・(こちらについては、当ホームページの
LinkIconコラム03  [ch0] コラム 03 設計の打ち合わせについて   を参照ください。)

STEP 03   初回ラフプランの作成  (2週間程度)

初回のフリーハンドによるラフプランの作成(たたき台案)

image006_1_2.jpg

・ご家族の、十干・十二支・九星方位表・数年内の運気と凶殺方位表
・各階平面図・各階家相方位盤平面図・断面図
・フリーハンドのラフプランとはいえ、上記の情報をもとに、家相をプランに盛り込み、安全で使い安く、居住性の高い、
デザインも考えた間取りを提案させていただきます。

・初めは情報があまりないので、お客様の望む間取りを創ることは難しいとは思います。少ない情報の中から、ラフプランをもとに、全体の建物規模・生活イメージ・方向性につなげていきます。
・その後、打合せをしながら、手描きスケッチにて修正プランを作成します。
・おおよその目途がついた時点で、CAD図の作成をします。

・各階平面図
・各階家相方位盤平面図
・立面図等
・外観・内観パース(3次元キャドにて外観・内観ともあらゆる方向から確認いただけます。イメージもつかみ易く、図面や模型ではわかりにくい部分も具体的に確認できると思います。更なるアイディア、創造力を向上させます。

LinkIcon打合せ用 外観パースサンプル01

LinkIcon打合せ用 内観パースサンプル01

LinkIcon打合せ用 店舗パースサンプル01

LinkIcon打合せ用 内観・外観日影・太陽光発電シュミレーションパースサンプル

ここまでくれば、お互いの人柄・相性などだいたいは予想できると思いますので、この時点で、この先計画を進めるか否か判断していただき、正式な設計契約となります。もちろん、このままもう少しお考えいただくことも可能です。初めの段階は、焦らず、あまり細かく難しいことは考えず、自然の成り行きであれば、方針もおのずと出てくると思います。
目的はあくまで、お客様の夢を実現することですから。

・設計の打ち合わせを中断する場合は、それまでの業務に要した時間で、ここまでの金額を算出させていただき
 清算となります。ご了承ください。

・基本計画は、無料でサービスする会社もありますが、
①お互いの真剣みが薄らぐこと②成果品とし使用できること、以上の理由より有償にて対応させていただいております。金額は抑えて請求させていただきます。よろしくご理解ください。

・打合せ回数、建物種類・規模により異なりますが、東京近県で30~40坪の住宅規模ならば、10~20万円程度だと思います。
・ここまでの計画案は、著作権は設計者にありますが、今後、他社とお話を進める場合にもご自由に使用していただいて結構です。

LinkIconお問い合せ・ご相談窓口

STEP 04   設計監理業務依頼

設計監理契約

MHS04.JPG

○重要事項の説明 
・設計監理業務及び建物完成までの全体工程の確認・打ち合わせ。
・設計監理料及び支払時期の確認。
・全体工程における、工事費の各支払時期、及び予定金額の確認・打ち合わせ。
(設計事務所の基本的な考え方としては、工事費については(設計料・工事費を含め)、業務完了以上の支払いは避けることが原則です。工事途中で業者に何らかのトラブル等で工事完了ができなくなった場合でも、未払い分の金額でその後工事を他社にて完了させることが目的だからです。尚、世間の慣習として、契約時のみは準備金として、出来高以上の支払となりますが、極力少額にするようにしております。お客様と工事業者との間に入ってこれらのことを取り決めていくのも設計事務所の役割の一つです。)

○設計監理契約
・建物概要及び予算の決定

STEP 05 基本設計業務(場合によって異なりますが、開始から1~3ヶ月程度)

基本設計

067.JPG

○基本設計図作成
・仕上表 ・案内・配置図 ・敷地・建物求積図 ・各階平面詳細図(1/50) ・各階家相方位盤入平面図(1/50) ・立面図4面 ・断面図2面 ・一部外部・内部パース又は模型(契約内容により多少異なります)
・図面の進度に合わせ、時にはパース等入れ打合せしながら進めます。
○役所調査
・都市計画による法規制・条例
・建築基準法による法規制の調査及び確認。
○現地測量・地盤調査・真北測定・高低差・近隣状況の測量
・この調査は、最終的に建物を建てる場合、どこの業者に頼んでも必要な資料となります。
・できれば、第一段階で正式な敷地現況調査時にしたほうが良いと思います。
・90坪程度までの敷地ならば、上記の調査をすべて含めて10万円程度です。
(非常に正確・丁寧で安価にやっていただけます)
・必要な段取り打合せは、当事務所で手配します。
・測量代金は、お客様の経費節減のため、測量業者より資料提出後、内容を確認して直接、測量会社にお振込みとなります。い。

STEP 06 実施設計業務(場合によって異なりますが、開始から3~5ヶ月程度)

実施設計

067.JPG

○実施設計図作成
・特記仕様書 ・矩形図(S=1/30~1/50) ・展開図(S=1/50) ・天井伏図(S=1/50) ・建具表 (S=1/50) ・外構図・他
○構造図一式(木造2階建ての場合)
・特記仕様書 ・基礎伏図(S=1/50) ・1,2階・屋根伏図(S=1/50) ・軸組図(S=1/50) 
・軸組検討図1,2(S=1/100) (地震・風に対する耐力壁検討書)
○設備図
・各階電気・設備図(スイッチ・コンセント・照明・給水・床暖房・ガス栓・給湯機・エアコン屋内屋外機位置等)
・各階家相方位盤付(最終的には電気・設備図に方位盤を落とします)

STEP 07 役所申請業務(場合によって異なりますが、開始から4~6ヶ月程度)

21.5.16 115.JPG

○役所事前協議  (3~9週間程度:協議事項により異なります)

・地区計画・狭あい道路・緑地計画・区画整理53条申請・がけ地条例・他 等

○確認申請   (3~8週間程度:都市計画地域・構造・規模により異なります)

・提出 → 意匠・設備・構造 一 (消防署) → 決算 → 認可  と流れていきます

STEP 08   工事費 相見積競争  (約1~1.5ヶ月程度)

工事業者選定 → 工事契約

21.5.16 136.JPG

○3社~5社の工事請負業者へ相見積を依頼します。
・見積仕様書と実施設計図一式にて各社に対して公平な条件のもとで見積もりしていただきます。
・見積り参加していただく各業者は、相見積であることを事前に了解していただいた会社となります。
・各建設業者には、競争相手がわからないように、見積もり説明を数回に分けて行います。
・数週間程度で、質疑を書面にて受付、数日のうちにまとめて書面にて回答いたします。
(この時、質疑のなかった業者に対しても見積条件に差をつけない様にするため同時に、同じ回答書を各業者に送付いたします。)
・同日、同時刻に施主及び当事務所に見積書を提出していただきます。
・提出された見積書の内容を各業者に確認、及び比較検討して、施主に報告します。
・絞られた業者と最終打合せ後、施主に最後に契約業者を決めていただきます。
・(この辺の様子は、当ホームページの

コラム02  [ch0] コラム 02 良い工務店の見分け方   を参照ください。)

STEP 09 工事着工(場合によって異なりますが、開始から 5~7ヶ月程度)

地鎮祭

22.6.14 018.JPG

○地鎮祭
・工事開始にあたり、これから将来にわたり住まわれるお施主家族の安全・繁栄
・ 及び 工事の安全を土地の神様に祈願・お祓いをしていただきます。
・吉日に、施主家族・設計事務所・工事業者・その他関係者が参列します。
・地元又は御縁のある神社に依頼して、神主様に式を執り行っていただきます。
・工事業者の現場責任者と近隣のご挨拶も行います。

STEP 10   現場での工事着工

根切り・遣り方・地業

21.2.9 069.JPG

○現場監理は国土交通省の基準要綱に従う契約内容の場合、建物が完成するまで、大よそ週に一度は現場を見ます。その他の図面・納まり・仕上げの確認等、施主と工務店の間に立って監理業務を行います。

○建物位置・建物地盤面確認

STEP 11   基礎工事

場合によっては杭・地盤改良工事があります。

21.2.9 068.JPG

○先の地盤調査にもとずき基礎の工事を行います。
・基礎の配筋検査・型枠検査・鉄筋のかぶり・コンクリートの種類・スランプテスト等の検査を行います。
・固定金物の位置・種類を設計図により確認

STEP 12   木材加工工事

プレカット又はきざみ工事

22.11.08 017.JPG

○工場にて木材の製材加工、手加工の場合は大工さんが下小屋で、現場での組み立てる、木材の加工がおこなわれます。
・プレカット図の打ち合わせチェック・大工さんとの納まりの事前の打ち合わせ及び検査を行います。
・材種・材料・寸法の打ち合わせ・吟味
・この間、現場では何も進んでいませんが、工場などで建物の骨組み(柱・梁)を組み立てる木材の加工を行います。
・固定金物の確認

STEP 13 建て方工事(場合により異なりますが、着工開始から1~2ヶ月程度)

上棟

22.5.11 084.JPG

○一般の一戸建ての住宅規模であれば、朝から夕方までに骨組を組み立てます。大工さん・鳶職・クレーン職皆さんで協力して夕刻までに組み立て、上棟式に備えます。
・この時も神主さんを呼んで上棟式をしてもらいます。
・目出度い施主の上棟のお祝いと、今までの大工さんたちの労いとを兼ねて、現場にてささやかな会食等を行います。
 上棟祭は、贅沢にふるまう必要はないと思います。ささやかでも気持ちがあれば、職人さんたちにも伝わります。
 また、お施主様から直接、声をかけていただき、お話などされると職人さんも喜びます。
・なかなか職人さんたちは、お施主さんと直にお話しする機会もありませんが、彼らは基本的にはお客さんと直接コミュニケーションをとりたがっています。現場での打ち合わせは、現場監督、設計者を通さないと話が通らなくなってしまいますが、彼らは自分が一生懸命に造った家にどんな人が住むのかとても気になるのです。
 まじめに物を造る人間であれば誰しも当たり前のことだと思います。施主の顔を思い出しながら少々の面倒な工事も親切に扱う
  一因になるのだと思います。

STEP 14   中間検査

軸組・筋違・金物・躯体位置・寸法の確認

22.7.30 167.JPG

○構造強度の確認・検査
・壁の筋違位置・本数・金物の取り付け方
・HD等の金物位置・本数・金物種類の確認
・床合成・火打ち・金物・釘の種類本数等の確認
・屋根の葺き方・防水・外部建具の防水シート張りの確認
・できれば、施主も一緒に確認立ち会うと安心されると思います。

STEP 15   外装工事

外部仕上工事

22.11.13 061.JPG

○屋根・外壁・外部建具・軒裏・基礎工事
・材料見本を確認しながら、仕上げ材を決めていきます。
・現場で見本を合わせながら、設計者も立ち会い、イメージを膨らませて良い材料・色合いを決めます。

STEP 16   内装工事

内部仕上工事

22.11.08 024.JPG

内部建具・床・壁・天井・システムキッチン・洗面化粧台・浴室・下足箱・収納扉等
・現場で見本を合わせながら、設計者も立ち会い、イメージを膨らませて良い材料・色合いを決めます。

STEP 17   電気・設備工事

電気・設備工事

22.7.30 167.JPG

○電気・設備工事
・設備設計図の各階電気・設備図(スイッチ・コンセント・照明・給水・床暖房・ガス栓・給湯機・エアコン屋内屋外機位置等)
 等をもとに、再度現場にて設計者・工事業者とともに確認します。現場で、その位置・部屋にて、図面と現場を見比べながら、生活を想像して頂き丁寧に最終確認をしていただきます。
・換気扇・室内外空調機位置も現場にて確認します。

STEP 18   外構工事

外構工事

22.11.13 095.JPG

外構工事
・門・植栽・境界ブロック・庭・外灯・アプローチ・駐車場床の仕上げ等の仕上げも、現場で見本を合わせながら、イメージを膨らませて良い材料・色合いを決めます。

STEP 19   完了検査

完了検査

22.11.13 092.JPG

○役所完了検査
○施主・設計事務所・工事業者自主検査
・仕上げの良否・建具の具合・設備の稼働等を、ひとつひとつ確認し、不具合があれば全部治るまで修正・補修をしてもらいます。

STEP 20 竣工・引渡し(場合により異なりますが、着工開始から4~6ヶ月程度)

建物引渡し (場合によって異なりますが、設計開始から 約1年程度)

22.11.13 071.JPG

○鍵・建物引渡し書類
○各器具 取扱い説明書
○完了済書
○確認申請
○竣工図
○工事監理報告書
○施主・設計事務所・工事業者自主検査

STEP 21   竣工祭

竣工祭 

_78G9454.JPG

○建物完成に伴い、無事に建物が完成したお礼と、これからの幸せな日々の暮らしが送れるように神様にお願いをする竣工祭を行います。
○竣工祭では、建物敷地の隅々まで神主様と共に、丁寧にお祓いしていただきます。
○引越し・入居

LinkIconHOME・ にもどる